スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何とも節分
2011 / 02 / 06 ( Sun )
抹茶でし。
あーっという間にもう暦は春~~
放置道に精進しています

そんな抹茶の家にも、先日、節分がやってきました。
子達は幼稚園で鬼のお面を作って持ち帰ってきました。
ものすごーくつぶらな瞳の柑作。
気合い入れて顔を書いたのに、
なぜか角を書くの忘れて『鬼やないやんな苺作。
それぞれいろんな意味でアジがあります。

「きょう、パパかえってくる?」

「たぶんね。」
(珈琲は仕事で帰れない日もあるだけで、
別宅があるわけではありません。…多分

「じゃ、ことしもパパにオニをやってもらおう

「日頃の恨みを存分にぶつけなさい

「おにはーそと!おにはーうち!」

「ちゃうでー。ふくはうちやでー。」

「ちゃうもん!○○ぐみはおにはうちやもん!
一部地域では『鬼は内』だそうですね。
誰か出身者がいるのかな?と思っていたら。
…どうやらお友達のお母さんが怒ったら鬼みたいになるから、
『鬼はうちにもいますよー』って意味のようです

その後、福豆の話に。
は福豆が嫌いです。

「歳の数だけ豆食べるんよ」

「かん、1こたべるー。」

「かんは4さいだから4こやで」

「かんは2さいもん

もう、めちゃくちゃです

夜。
無事に本宅に帰ってきた珈琲パパを捕まえ、
何とか滞りなく行事を終えました
抹茶は、日頃の恨み…感謝をぶつけると、
その後に支障が出てきそうなので遠慮しましたよ
スポンサーサイト

テーマ:子ども&子どもの会話 - ジャンル:育児

02 : 10 : 26 | アホ遺伝子育成中 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。